アルバーツ・ティブロ ALBERTS Tibro スウェーデン製 ヴィンテージ コーヒーテーブル

Brand: アルバーツ・ティブロ ALBERTS Tibro

Designer: unknown

Age: unkown

商品ID: 48150

Stock in: Warehouse and Factory Tokyo (蒲田倉庫)  見学不可

サイズ(単位mm)

  • 幅 1385 奥行き 650 高さ 440

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • チーク

特記事項

  • 脚分解不可

★★★★ 目立った傷や汚れなし

通常価格¥75,900   ¥53,900 (税込み)

  • 商品説明

  • 送料

  • サイズ・コンディション

スウェーデンを代表する家具メーカーALBERTS Tibro(アルバーツ・ティブロ)社による、Albert Larsson(アルベルト・ラーソン)デザイン、チーク材を仕様したヴィンテージコーヒーテーブルです。

今では貴重となった良質なチーク材をふんだんに使用したコーヒーテーブル。シンプルながらも洗練されたスタイリッシュなデザインが魅力的。実用的でありながら美しく、作り手のこだわりを感じさせる北欧家具黄金期のヴィンテージファニチャーです。

アルバーツ・ティブロ ALBERTS Tibro (商品一覧)
1938年Albert Larsson(アルベルト・ラーソン)によって設立されたスウェーデンの家具メーカー。第二次世界大戦後、テーブルを専門に展開することで成功をおさめ、スウェーデンを代表する家具メーカーのひとつとなりました。

チーク(本チーク) teak
タイ北部からミャンマー産のチーク材は厳しい環境の中、ゆっくりと油分を蓄えながら育ち、鉄の防腐食作用、耐水、防腐、防虫作用が強く、収縮率が少なく木肌も詰まって美しい為、ブラジリアンローズ、ホンジュラスマホガニーと並ぶ世界三大銘木のひとつとして珍重されてきました。この地域のチーク材は「巻き枯らし」と呼ばれる3~5年をかけて立木のまま水抜きをする特殊な伐採手順を踏んでおり非常に素直な加工に適した木質となっています。また、この手順から(ドライチーク)とも呼ばれています。北欧家具や高級家具の素材として使われてきたチーク材ですが、現在は個体数が激減し極めて稀少価値の高い存在となっております。現在流通するチーク材は人工栽培されたインドネシア、ジャワ産の「インドネシアチーク」が主流になっていますが、成長がはやく若木のうちに伐採されるため、木目の美しさや耐久性に劣ります。

サイズ(単位mm)

  • 幅 1385 奥行き 650 高さ 440

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • チーク

特記事項

  • 脚分解不可

★★★★ 目立った傷や汚れなし

recommends

この商品も見られています