ジープラン G-PLAN Chinese white ドロワーチェスト (1240) / 初期ゴールドラベル

Brand: ジープラン G-PLAN

Designer: unkown

Age: 1956

商品ID: 43125

Stock in: Warehouse and Factory Osaka (イズヤリサイクル倉庫内) 

49000

  • 商品説明

  • 送料

  • コンディション

英国ミッドセンチュリーを代表する人気ブランド G-PLAN(ジープラン) による、Chinese white(チャイニーズ ホワイト) シリーズのヴィンテージ ドロワーチェスト(1240) / 初期ゴールドラベルです。

当時「コンパクトで省スペースな作品で、どの部屋、ホール、踊り場にも最適」として1956年に発売した Chinese white シリーズ。真鍮金具がアクセントの、エレガントながら英国らしいスタイリッシュな雰囲気が印象的です。同時期にはレアな類似シリーズ Tola&black が販売されておりますが、Chinese white は、日本のヴィンテージ市場にて希少価値が高く、さらに手に入りにくいシリーズとなっております。

1952年〜65年の間に造られた、初期ゴールドラベル。ゴールド色は当時高級家具だったことの証で、それまでスタンプだったラベルをエンボス加工し、直接ゴールド色のロゴが焼き付けてあります。

ジープラン / G-PLAN
1898年創業の英国ハイ・ウィカムという町の「Ebenezer Gomme(エベネゼル・グーム)」社により 1952年に打ち出された家具ブランドです。1950年代の北欧家具ブームをイギリスで最初に取り込み1960年台にはロンドンの都市生活者の象徴と言われるほどの人気を集めました。「G」とはグーム社の頭文字、「PLAN」とはプランニング=「ライフスタイルを計画する」という商品コンセプトは単品はもちろんのこと、少しずつ買い揃えることによりトータルにモダンな部屋づくりが楽しめるという、当時としては画期的な発想でした。1987年には会社が売却され、紆余曲折を経てイングランド西部にある「G Plan Upholstery」がソファ類を、スコットランドにある「G Plan Cabinets」がキャビネットの製造を続けています。

オーク(楢) / oak
現在では価格の高騰により高級家具材となりつつあるオーク材。 堅く加工が難しいという特性があるにもかかわらず家具の材料としては最も優れている材料と呼ばれています。 堅いオーク材で造られた家具は頑丈で滑らかな木肌を持ち傷や凹みがつきにくくテーブルに特に適しています。 そして、なによりも美しく印象的な木目に混じる虎斑と呼ばれる力強い模様が最大の魅力です。

サイズ(単位mm)

  • 幅 765 奥行き 480 高さ 970
    • 引出内寸 1.2段目 幅 690 奥行き 375 高さ 100/90
    • 引出内寸 3.4.5段目 幅 690 奥行き 375 高さ 100/130/180

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • オーク、真鍮

特記事項

  • 引出内、経年の使用のため多少古い匂いがあります。
  • 商品コンディションは詳細画像にて必ずご確認お願いします。

★★★使用感あるが日常使用上問題無し

recommends

この商品も見られています