ネイサン NATHAN 十字扉 ヴィンテージ キャビネット

Brand: ネイサン NATHAN

Designer: unkown

Age: unkown

商品ID: 43081

Stock in: Warehouse and Factory Tokyo (蒲田倉庫)  来店予約する

売り切れました

  • 商品説明

  • 送料

  • サイズ・コンディション

イギリスミッドセンチュリーを代表する家具ブランドの一つ Nathan(ネイサン)による、キャビネットです。

ヴィンテージチークのあたたかな質感と、少しクラシック家具寄りの前面扉框構造が印象的。洗練された手の込んだ英国らしいお品で、G-PLANやMcIntoshと比べて流通が少ないこともコレクター心をくすぐります。

様々な機能、サイズのユニットを組み合わせることで使用環境に応じた好みの収納を作り出せるウォールユニット。単体での使用はもちろん他のウォールユニットを並べて使用すれば壁一面を大容量の収納ユニットとして利用できます。

ネイサン / Nathan
ネイサン社の創業は1916年、イギリス・ロンドンでロシア出身のバーネットネイサンが手作りの家具を製造したことに遡ります。1954年ニュー ヨークで開かれた家具展覧会においてイギリスを代表するデザインとして選ばれて一躍有名になり、チーク材の家具を本格的に生産。G-planシリーズで有名なエベネゼル・グーム社と並び、イギリスミッドセンチュリーを代表する家具メーカーへと発展しました。とくに「クラシックレンジ」シリーズは、時代を超越したデザインで優れた快適性と職人技が見事に融合。クラシックと北欧スタイルの折衷的な独自のデザインスタイルを生み出し、ジャコビアンドアスタイリングと美しいチーク材の組み合わせの自然な輝きがロンドンの都市生活者を虜にしました。

チーク(本チーク) / teak
タイ北部からミャンマー産のチーク材は厳しい環境の中、ゆっくりと油分を蓄えながら育ち、鉄の防腐食作用、耐水、防腐、防虫作用が強く、収縮率が少なく木肌も詰まって美しい為、ブラジリアンローズ、ホンジュラスマホガニーと並ぶ世界三大銘木のひとつとして珍重されてきました。この地域のチーク材は「巻き枯らし」と呼ばれる3~5年をかけて立木のまま水抜きをする特殊な伐採手順を踏んでおり非常に素直な加工に適した木質となっています。また、この手順から(ドライチーク)とも呼ばれています。北欧家具や高級家具の素材として使われてきたチーク材ですが、現在は個体数が激減し極めて稀少価値の高い存在となっております。現在流通するチーク材は人工栽培されたインドネシア、ジャワ産の「インドネシアチーク」が主流になっていますが、成長がはやく若木のうちに伐採されるため、木目の美しさや耐久性に劣ります。

アフロモシア / Afrormosia
アサメラ(Assamela)、コクロジュア(Kokrodua)、市場名でアフリカンチークとも呼ばれます。硬く保存性の良い材で収縮も少なく、多くの用途に向え、チークの代用材としても扱われる高級家具材です。

サイズ(単位mm)

  • 幅 1020 奥行き 460 高さ 1935

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • チーク
  • アフロモシア

特記事項

  • 中央棚板高さ調節可
  • 商品コンディションは詳細画像にて必ずご確認お願いします。

★★★使用感あるが日常使用上問題無し

recommends

この商品も見られています