エリオッツ オブ ニューべリー Elliotts of Newbury イギリス ヴィンテージ サイドボード

Brand: エリオッツ オブ ニューべリー Elliotts of Newbury

Designer: unkown

Age: unkown

商品ID: 38285

Stock in: Warehouse and Factory Tokyo 

通常価格¥189,000   ¥139,000

  • 商品説明

  • 送料

  • コンディション

イギリスミッドセンチュリーを代表する家具ブランドの一つ、Elliotts of Newbury (エリオッツ・オブ・ニューブリー) による、ヴィンテージ サイドボードです。

デンマークスタイルのデザインに独自のアレンジが施されたサイドボード。収納部が浮いているように見える脚フレームのデザインがユニークです。収納の容量も抜群でリビングの顔として申し分のない機能性と存在感です。

エリオッツ・オブ・ニューべリー / Elliotts Of Newbury
グライダーの製造で有名な英国の老舗家具メーカー。1870年、Samuel Elliott(サミュエル・エリオット)によって設立され、建具工場としてスタート。 第1次世界大戦中には弾薬箱を生産し、戦後に家具製造を開始します。 第2次世界大戦が始まると、家具製造を停止し航空機の部品を生産。終戦後、家具製造を再開しつつ、航空機の生産も継続し、航空機と家具を製造する稀有な会社として成長していきました。ミッドセンチュリー期の北欧モダンに影響を受けたシンプルな家具デザインでありつつも、個性的なデザインの家具を数多く産み出しました。日本での知名度は低いですが、高級感と品格を備えた家具は、G-PLANなどと並びヴィンテージ市場でも高い人気を得ています。

アフロモシア / Afrormosia
アサメラ(Assamela)、コクロジュア(Kokrodua)、市場名でアフリカンチークとも呼ばれます。硬く保存性の良い材で収縮も少なく、多くの用途に向え、チークの代用材としても扱われる高級家具材です。

チーク / teak
世界の最高級材のひとつで、高級感と味わいを兼ね備えた美しい木目により最も人気がある木材です。家具の仕上げ材、建材、彫刻材をはじめ優れた耐水性を利用し、船舶の甲板やウッドデッキなどにも利用されています。自然保護のため、伐採禁止になっているところが多く輸入が厳しくなっています。

サイズ(単位mm)

  • 幅 1965 奥行き 450 高さ 765

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • チーク
  • アフロモシア

特記事項

  • 棚板高さ調節可

*商品コンディションは詳細画像にて必ずご確認お願いします。

★★★使用感あるが日常使用上問題無し

recommends

この商品も見られています