C.ARNOLD LTD ヴィンテージ ソーイングボックス センターテーブル

Brand: C.ARNOLD LTD

Designer: unkown

Age: 1960's

商品ID: 37149

Stock in: Warehouse and Factory Tokyo 

売り切れました

  • 商品説明

  • 送料

  • コンディション

英国ブランド C.ARNOLD LTDによる、ヴィンテージ ソーイングボックスです。

パーケットを用いた高品位のディテールが目を引く、手芸道具一式を納められる便利なソーイングボックス。小物入れや、サイドテーブル、センターテーブルとしてもお勧めです。

戦後、モダンな北欧デザインが大ブームとなり、英国でも北欧スタイルの家具が作られるようになります。伝統的な家具作りの基盤があった英国の高い技術力と生産力は、高品質な家具を生み出すことを可能にしました。いち早くデンマークデザインを取り入れたG-PLAN(ジー・プラン)や、スコットランドの老舗メーカーA.H.McIntosh(A.H.マッキントッシュ)、Nathan(ネイサン)などが代表的な英国メーカーです。その他にも、北欧スタイルの優秀な家具メーカーが多数存在しました。ミッドセンチュリー期に作られた英国の北欧スタイル家具は、本場の北欧家具に負けずとも劣らない品質とデザイン性で現在でも高く評価され、近年、ますます人気が高まっています。

寄木細工 / パーケット
古代メソポタミア発祥の木細工の技法で、西欧ではパーケットと呼ばれています。イギリスやフランスでは17世紀〜18世紀にインテリア装飾として流行しました。三角形や四角形、円形などの単純な形の木片から成り、色の違う木や、木目の方向を組み合わせることによって幾何学模様を作り出す細工です。自然のものをモチーフにした絵画のような模様は「マーケタリー」と呼ばれ、区別されています。

チーク(本チーク) / teak
タイ北部からミャンマー産のチーク材は厳しい環境の中、ゆっくりと油分を蓄えながら育ち、鉄の防腐食作用、耐水、防腐、防虫作用が強く、収縮率が少なく木肌も詰まって美しい為、ブラジリアンローズ、ホンジュラスマホガニーと並ぶ世界三大銘木のひとつとして珍重されてきました。この地域のチーク材は「巻き枯らし」と呼ばれる3~5年をかけて立木のまま水抜きをする特殊な伐採手順を踏んでおり非常に素直な加工に適した木質となっています。また、この手順から(ドライチーク)とも呼ばれています。北欧家具や高級家具の素材として使われてきたチーク材ですが、現在は個体数が激減し極めて稀少価値の高い存在となっております。現在流通するチーク材は人工栽培されたインドネシア、ジャワ産の「インドネシアチーク」が主流になっていますが、成長がはやく若木のうちに伐採されるため、木目の美しさや耐久性に劣ります。

サイズ(単位mm)

  • 幅 645 奥行き 380 高さ 420-770

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • チーク

★★★使用感あるが日常使用上問題無し

recommends

この商品も見られています