J.L.Moller / No.75 chair

Brand: ジェイエルモラー J.L.Moller / Denmark

Designer: ニールス O ミュラー Niels O.Moller / Denmark

Age: unkown

定価129600   39000

  • 商品説明

  • 送料

  • コンディション

北欧デンマークJ.L.Moller社による、N・Oモラー デザイン No.75チェアです。

無垢材を贅沢に削り出した背面が特徴的なチェア。有機的なラインを描く滑らかに仕上げられた木肌のディテール、丸みを帯びたエッジラインが質の高さを感じさせてくれます。フレームは機械工程によって削り出されていますが、最後の仕上げは家具職人の手によって丁寧に仕上げられており、高い接合技術によって継ぎ目がほとんど目立たず、木の質感と風合いを感じる事が出来ます。

ニールス O ミュラー / Niels O.Moller
1939年、指物技術工の資格を得る。1944年から自身の製作工場を持ち、かつデザイナーとして活躍。J.L.モラー社の社長として活躍する。 木材を主とした、落ち着いたデンマーク家具の一面を代表するような作品を製作。職人の手仕事と形態が美しく調和した、くせの無い誰にでも受け入れ られやすい良質の家具の製作を続け、1975年、デンマーク家具製作協会基金フェアー賞受賞。

ジェイエルモラー / J.L. Moller
1944年、家具職人でありデザイナーのニールス・O・ムラーによって作られた、デンマーク、および北欧を代表する家具ブランド。ダイニングチェアのブランドとして名高く、豊富なラインナップのほとんどが滑らかで繊細なカーブラインを持つ。多くの製品に見られる先端に向かって細くなる脚が、美しく印象的だ。その芸術的フォルムは、厳正な素材選びと高い製造技術によって実現されるが、世界中に送り出す生産体制となった今でも最後の仕上げは職人が必ず手で行うという。北欧テイストが人気を博して久しいが、”本物の北欧の椅子”に触れるなら、外せないブランドと言えるだろう。

チーク(本チーク) / teak
タイ北部からミャンマー産のチーク材は厳しい環境の中、ゆっくりと油分を蓄えながら育ち、鉄の防腐食作用、耐水、防腐、防虫作用が強く、収縮率が少なく木肌も詰まって美しい為、ブラジリアンローズ、ホンジュラスマホガニーと並ぶ世界三大銘木のひとつとして珍重されてきました。この地域のチーク材は「巻き枯らし」と呼ばれる3~5年をかけて立木のまま水抜きをする特殊な伐採手順を踏んでおり非常に素直な加工に適した木質となっています。また、この手順から(ドライチーク)とも呼ばれています。北欧家具や高級家具の素材として使われてきたチーク材ですが、現在は個体数が激減し極めて稀少価値の高い存在となっております。現在流通するチーク材は人工栽培されたインドネシア、ジャワ産の「インドネシアチーク」が主流になっていますが、成長がはやく若木のうちに伐採されるため、木目の美しさや耐久性に劣ります。

サイズ(単位mm)

  • 幅505 奥行き500 高さ750 座高430 

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材 チーク無垢材、張地:ペーパーコード

定価 129,600円(税込)

同等品複数入荷に付きお手元に届く商品と同等のものを撮影しております。若干の誤差は予めご了承ください。
*商品コンディションは詳細画像にて必ずご確認お願いします。

★★★使用感あるが日常使用上問題無し

recommends

この商品も見られています