天童木工 ヴィンテージ カブトチェア1脚

Brand: 天童木工

Designer: 剣持勇 Isamu Kenmothi (1912-1971) / Japan

Age: 1961

売り切れました

  • 商品説明

  • 送料

  • コンディション

天童木工より、剣持勇デザイン研究所、KABUTO(カブトチェア)です。

現在は生産されていない、側面の跳ね上がりも大きな初期型モデルのヴィンテージチェア。複雑な曲面をもつフォルムは、高いデザイン性、実用性を兼ねたバランスの良いスタイルです。背を抱くように湾曲して伸びたフォルムはしっくりと身体に馴染み、快適な座り心地を提供します。店舗のディスプレイや、書斎・勉強部屋のデスクチェアとして、また自分専用の特別席になりえる1脚です。

天童木工 / TENDO

1940年に天童木工家具建具工業組合として創立。1942年に有限会社天童木工製作所、1948年に株式会社への変更を経て天童木工になりました。もともとは弾薬箱やGI型飛行機の木製おとり機等といった軍需品を製作していましたが、終戦を機に戸棚や飯台、流し台といった家具作りを開始。プライウッドの成型技術を日本で最初に確立し、業界でもトップクラスの加工技術として高く評価されています。創立以来「良いものをより永く」の基本理念の元、「暮らしに彩を添え、豊かな時を奏でる家具作り」が目指されています。

剣持勇 / Kenmochi Isamu (1912−1971)

1932年に東京高等工芸学校木材工芸科を卒業し、商工省工芸指導所に入所して以来、一貫して日本のデザイン界において指導的な立場に立って牽引し続けた。指導所時代には、来日したブルーノ・タウトの薫陶を得て、モダン・デザインの実践に邁進し、家具の規格化などに大きな成果をあげた。1955年に独立してデザイン事務所を構え、折から日本の戦後建築がモダニズムの興隆を迎えるなかで、丹下健三、佐藤武夫、前川国男、芦原義信らとの共同作業を通じ、建築空間に独自の個性を発揮していった。

サイズ(単位mm)

  • 幅550 奥行き570 高さ740 座高410 

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材 シート:合成皮革、脚:アルミ鋳物・アルマイト仕上

★★★★大きく美観を損なうダメージはなく、程度は良好

recommends

この商品も見られています