Remploy コーヒーテーブル

Brand: レンプロイ(Remploy) / UK

Designer: unkown

Age: unkown

64000

  • 商品説明

  • 送料

  • コンディション

イギリス レンプロイ社によるコーヒーテーブルです。

緩やかな反りやテーパーが加えられることにより天板が脚フレームから浮き上がるようにみえる、シンプルながらも非常に美しいフォルムのテーブルです。濃い色合いのアフロモジアによる脚パーツと美しい褐色のチーク材天板とのコンビネーションも抜群です。

レンプロイ / remploy

1945年、エルネスト・ベビンによってイギリス・サウスウェールズにて設立。戦争で負傷した人や障碍者を雇用する、政府運営の福祉工場としてスタート。当初は家具やバイオリンを手がけ、1946年には事業拡大に伴い「Remploy」へと社名を変更。学校や教育施設向むけの家具を数多く製造し、高品質な製品が高く評価されました。60年代頃にかけてのプロダクトは当時世界的に流行していたデンマークスタイルをベースにシンプルで美しいラインを取り入れた、洗練されたデザインが特徴です。

アフロモシア / Afrormosia

アサメラ(Assamela)、コクロジュア(Kokrodua)、市場名でアフリカンチークとも呼ばれます。硬く保存性の良い材で収縮も少なく、多くの用途に向え、チークの代用材としても扱われる高級家具材です。

チーク(本チーク) / teak

タイ北部からミャンマー産のチーク材は厳しい環境の中、ゆっくりと油分を蓄えながら育ち、鉄の防腐食作用、耐水、防腐、防虫作用が強く、収縮率が少なく木肌も詰まって美しい為、ブラジリアンローズ、ホンジュラスマホガニーと並ぶ世界三大銘木のひとつとして珍重されてきました。この地域のチーク材は「巻き枯らし」と呼ばれる3~5年をかけて立木のまま水抜きをする特殊な伐採手順を踏んでおり非常に素直な加工に適した木質となっています。また、この手順から(ドライチーク)とも呼ばれています。北欧家具や高級家具の素材として使われてきたチーク材ですが、現在は個体数が激減し極めて稀少価値の高い存在となっております。現在流通するチーク材は人工栽培されたインドネシア、ジャワ産の「ネシアチーク」が主流になっていますが、成長がはやく若木のうちに伐採されるため、木目の美しさや耐久性に劣ります。60年代頃の北欧家具は当時から高級であったチーク材を更に厳選し、色の濃淡や木目の現れ方にまでこだわったものが多く現代では再現が難しいほど、最上質で贅沢な材料取りの製品を見ることができます。

サイズ(単位mm)

  • 幅1340 奥行き480 高さ410  

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材 チーク材

★★★★大きく美観を損なうダメージはなく、程度は良好

recommends

この商品も見られています