天童木工×Bruno Mathsson センターテーブル

Brand: 天童木工 Tendo / Japan

Designer: ブルーノ・マットソン / Bruno Mathsson

Age: unkown

34000

  • 商品説明

  • 送料

  • コンディション

天童木工による、巨匠Bruno Mathsson(ブルーノ・マットソン)デザインのサイドテーブルです。

天童木工 / TENDO

1940年に天童木工家具建具工業組合として創立。1942年に有限会社天童木工製作所、1948年に株式会社への変更を経て天童木工になりました。もともとは弾薬箱やGI型飛行機の木製おとり機等といった軍需品を製作していましたが、終戦を機に戸棚や飯台、流し台といった家具作りを開始。プライウッドの成型技術を日本で最初に確立し、業界でもトップクラスの加工技術として高く評価されています。創立以来「良いものをより永く」の基本理念の元、「暮らしに彩を添え、豊かな時を奏でる家具作り」が目指されています。

ブルーノ・マットソン / Bruno Mathsson (1907-1988)

スウェーデン政府より『プロフェッサー』の称号を与えられた北欧を代表する家具デザイナー。1907年スウェーデン南部のヴァルナモで家具職人の息子として誕生。1955年 Design Scandinavia展ディスプレーデザイン、グレゴール・パーソン賞を受賞。1968年Karin Chairを発表し、1974年L,F,Foght賞、スカンジナビア・デザイン賞を受賞。1974年に初めて来日し、日本の生活様式に触れた彼は、畳と日本人の体型に合うイスをデザインするため天童木工を訪れた。工場の職人達と協力し製作に取り組み完成させた『Mシリー ズ』は、今も多くの人々に愛され続けている。

メープル(楓) / maple

日本では楓、または紅葉と呼ばれている木です。非常に多く杢が出やすく、それらは外見上の美しさから装飾として広く使われています。硬く粘りのある材で、年輪ははっきりと見えず均ーな表面になります。割れにくく加工しやすいので、曲木の家具や、楽器、玩具、彫刻エ芸などに使われます。メイプル材は、木質が重くて強固な「ハードメイプル材」と、ハードメイプルより25%程度柔らかい「ソフトメイプル材」の2つに大別できます。木材利用以外にも、樹液からは香料や砂糖を採ることができます。

ブナ(ビーチ) / BEECH

白くきめ細かい木肌に割れにくい性質を備えた素材、材面には放射組織の小さな斑が入る。強度が高く粘りと弾性に富むので曲げ木の材料としても最適。着色の無い材は使い込む程に飴色に変化する。

スウェーデン政府より『プロフェッサー』の称号を与えられた北欧を代表する家具デザイナーBruno Mathssonによる優雅な曲線でつくるシルエットが印象的なデザイン。日本の生活様式に合った、床に傷がつかないよう“床擦り”をデザインに取り入れています。軽量で持ち運びも簡単。フレームは曲げ木を得意とする天童木工の高い技術が伺えます。

サイズ(単位mm)

  • 幅600 奥行き615 高さ275

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材 天板:イタヤ(メープル)、脚:ビーチ

★★★★大きく美観を損なうダメージはなく、程度は良好

recommends

この商品も見られています