日本伝統工芸 輪島塗り座卓

Brand: unkown

Designer: unkown

Age: unkown

売り切れました

  • 商品説明

  • 送料

  • コンディション

日本伝統工芸、輪島塗り座卓です。

上品な佇まいの伝統工芸、輪島塗りの座卓。シンプルゆえに黒漆に浮かぶ美しく繊細な桜の蒔絵が印象的です。

輪島塗り
輪島塗りの起源にはさまざまな説がありますが、現存する最古の輪島塗りは河井町にある「重蔵権現本殿の朱塗扉」で、室町時代の大永4(1524) 年の作といわれています。漆器の技法そのものは縄文時代にまでさかのぼることができ、長い時間をかけ創意を重ね、技を磨き、つねに進化と深化を続 けてきたのです。つねに、より美しいもの、よりよいもの、より優れたものを求める。その強い意志を持つ人々が価値を高め、磨きあげてきた輪島塗り の歴史。時を超える価値は、時を超えて磨かれてきた技から生まれます。

サイズ(単位mm)

  • 幅 1515 奥行き 912 高さ 335 座高 肘高

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • 輪島塗り

★★★★大きく美観を損なうダメージはなく、程度は良好

recommends

この商品も見られています