ブビンガ輪切り黒漆 飾り棚

Brand: カリモク karimoku / Japan

Designer: unkown

Age: unkown

売り切れました

  • 商品説明

  • 送料

  • コンディション

カリモクによるブビンガ輪切り黒漆飾り棚です。

装飾性を省いたシンプルな漆黒の飾り棚。ブビンガ杢の丸太のスライスを中央にあしらうことで 野趣溢れる和モダンスタイルのデザインに仕上がっています。

カリモク / karimoku
カリモク家具は主に家庭向けの家具製造から卸、小売まで手がける、家具・インテリア企業であり、国内家具業界の最大手メーカーです。1940年、初代社長の加藤正平氏が江戸時代から続く家業の木材屋を継ぎ、愛知県刈谷市にカリモクのルーツとなる木工所を創業します。木工所は順調に成長、1947年には刈谷木材工業株式会社となります。当初はミシンのテーブル部分やピアノの鍵盤、テレビの木枠部分などの木製品の製造を行っていました。高い木工技術が必要なこれらの木製品の製造により、高度な木工・加工技術が培われていきました。その後、アメリカの輸出家具用に木肘の生産を開始し、家具製造の技術を習得。そして1962年、自社製品として日本の住環境に適した洋風家具の生産を開始し、1964年に「カリモク家具販売株式会社」を設立しました。高い木工技術と豊富な経験を持ったカリモクの職人たちが作る家具は大きな評価を獲得します。この時生まれたのが名作チェアとして名高い、Kチェアです。その後も次々と新しい家具を作り、現在では名実ともに国内トップクラスの木工家具ブランドとして認知されています。カリモクの家具は、美しく見せる塗装や縫製仕上げといった外観だけでなく、内部構造や組み付けなどの見えない部分にもこだわりを持ち、「自然の暖かさと優しさ、素材の生命力を生かす」というコンセプトで設計・製作されています。さらに”座り心地研究”という人間工学に基づいた快適さを研究し、製品開発する部門があり、生体工学や最新のエレクトロニクス技術を導入して、素材、使いやすさ、耐久性などの向上に努めています。木材は全て森林、加工、製造まで徹底的に管理されて、確かな品質を追求しています。近年では海外への出展にも意欲的で、国内外を問わず活躍を続けています。

ブビンガ材
辺縁の木材は淡黄色の色調です。それより内側はチークやカリンに似た派手な橙-赤色の 木材色となっています。年輪は不明瞭ですが、葡萄杢などの派手な杢目が生じます。材は硬く耐腐性があり白蟻にも強いですが、乾燥によって変形 しやすいために通常はウレタン塗装で乾燥の進行を防止して使用されています。フローリング材、装飾材、家具の材料として使われ、特に1枚板の テーブルとして良く利用されています。

サイズ 幅1350 奥行き350 高さ790   (単位mm)
*若干の誤差は御了承下さい。
主な素材 天板:ブビンガ材輪切突板 黒漆

★★★★大きく美観を損なうダメージはなく、程度は良好

recommends

この商品も見られています