ハリス・リーブス / Harris Lebus 英国アンティーク サイドボード

Brand: ハリス・リーブス / Harris Lebus

Designer: unknown

Age: unkown

商品ID: 46848

Stock in: イズヤオンライン倉庫内  来店予約する

売り切れました

  • 商品説明

  • 送料

  • サイズ・コンディション

イギリスの老舗家具メーカー Harris Lebus(ハリス・リーブス) による、アールデコスタイル アンティーク サイドボードです。

手の込んだ彫刻装飾を備え、力強い木目を持つブリティッシュオーク材を贅沢に使用したクオリティの高いサイドボード。重厚な立ち姿は存在感があります。ヨーロピアンアンティークの空間づくりやショップのディスプレイにもお薦めです。

ハリス・リーブス Harris Lebus (商品一覧)
ロンドンに拠点を置いた、1840年設立の老舗家具メーカー。1900年代中頃には世界最大規模にまで成長し、世界一とも言われる家具製造工場を所有していました。特注の高級オフィス家具を得意とし、高品質な製品は非常に高い人気を誇っていました。現在でも多くのコレクターが存在する人気メーカーです。

バルボスレッグ/バルバスレッグ/ブルボーズレッグ/メロンレッグ/パイナップルレッグ (商品一覧)
16世紀の後半のエリザベス女王時代のイギリスで流行した、脚部などに見られる球体状の装飾。時代を経るごとにより複雑で技工を凝らした装飾的なものへと変わっていきました。語源はブルボーズ(球根)ですがパイナップル(松ぼっくり)やメロンをモチーフにした木彫が施されたりすることからパイナップルレッグやメロンレッグとも呼ばれている。

ブリティッシュオーク(楢) oak
イギリスの伝統的な家具造りに使われる事の多いオーク材は、イギリスアンティーク家具を象徴する材として、ブリティッシュオークと呼ばれています。日本で洋家具が造られ始める明治期以前、国内ではオーク材(ナラ材)の利用価値が無かった為、北海道産のミズナラが安い値段でイギリスへ輸出されていました。現代になって輸入されて来たブリティッシュオーク、アンティーク家具が実は日本へ里帰り、という可能性も少なくは有りません。

アールデコ (商品一覧)
アールヌーヴォー時代に続き、ヨーロッパおよびアメリカ(ニューヨーク)を中心にして、1910年代半ばから1930年代にかけて流行しました。アールヌーヴォーは植物などを思わせる曲線を多用した有機的なデザインでしたが、アールデコは幾何学図形をモチーフにした記号的表現や、原色による対比表現が特徴です。チャールズ・レニー・マッキントッシュや、フランク・ロイド・ライトのデザインもアールデコの流れに位置づけられます。

サイズ(単位mm)

  • 幅 1220 奥行き 455 高さ 955

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • オーク

特記事項

  • 棚板固定式
  • 内部に経年による古びた匂いがあります

★★★ やや傷や汚れあり

recommends

この商品も見られています