英国製 アンティーク ドロップリーフ オケージョナルテーブル

Brand: unkown

Designer: unkown

Age: unkown

商品ID: 39248

Stock in: Warehouse and Factory Tokyo 

29000

  • 商品説明

  • 送料

  • コンディション

英国アンティークによる、オーク材を使用した ドロップリーフ オケージョナル サイドテーブルです。

使い込まれた質感と手仕事と経年変化による歪み、深みのあるブリティッシュオーク無垢材を用いたアンティーク品ならではの存在感あるテーブル。挽物細工の脚が味わい深く、使い込まれて程よく古びた風合いが素朴で優しい雰囲気を演出します。

ドロップリーフテーブル
イギリスでは16世紀になると、来客時に対応できる伸張式のテーブルが登場します。そした家具作りの技術がさらに発達した17世紀前半には、天板が3枚の板からなり、両端が折りたためる拡張板がついたドロップリーフテーブルが流行しました。ウィングの部分を広げるとテーブルトップになり、たたむと細い長方形になります。片側だけたたむ事もできます。パーティーなどでお客様が見えたりする時には広げて、普段お使いの際にはコンパクトにたたんで使用するなど、オケージョンで使い分ける事ができるテーブルです。

オケージョナルテーブル
オケージョナルテーブルとはメインテーブルのサブテーブルのような役割を果たすテーブルの事をいいます。補助テーブルとして使用するだけでなく、花台や置物台、電話台やナイトテーブルとして使うなど、アイデア次第で素敵なコーディネートが楽しめます。

ブリティッシュオーク / BrithishOak
イギリスの伝統的な家具造りに使われる事の多いオーク材は、イギリスアンティーク家具を象徴する材として、ブリティッシュオークと呼ばれています。日本で洋家具が造られ始める明治期以前、国内ではオーク材(ナラ材)の利用価値が無かった為、北海道産のミズナラが安い値段でイギリスへ輸出されていました。現代になって輸入されて来たブリティッシュオーク、アンティーク家具が実は日本へ里帰り、という可能性も少なくは有りません。

サイズ(単位mm)

  • 幅 250-405-570 奥行き 585 高さ 450

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • オーク

特記事項

  • テーブルのみの販売です。
  • 商品コンディションは詳細画像にて必ずご確認お願いします。

★★★★大きく美観を損なうダメージはなく、程度は良好

recommends

この商品も見られています