エドワーディアン様式 ブックケース

Brand: unkown

Designer: unkown

Age: unkown

売り切れました

  • 商品説明

  • 送料

  • コンディション

英国製、エドワーディアン様式のブックケースです。

扉部分はシノワズリを思わせる美しい飾り格子、モールディングや象嵌など全体的にエドワーディアン様式の特徴が現れています。美しい褐色のマホガニー材を使用した外観は荘厳な出で立ちでお部屋の雰囲気をぐっと格調高いものに演出してくれます。コレクションを飾る飾り棚や食器棚、本棚として使える大容量のキャビネットです。

ストリンギング ( 線象嵌 ) / stringing
ストリンギング(線象嵌)とは工芸品の装飾技法の一つで、細い線状の溝を彫って、その溝にサテンウッドや黒檀、ひいらぎなどの木材、真鍮などの金属をはめ込み、文様や文字を表現する技法のことです。マーケタリーなどと併用することで装飾部を引き立てたり、ストリンギングだけのシンプルな装飾など、多様な表現方法のひとつとして用いられます。

エドワーディアン様式
イギリス国王・エドワード7世が在位中の1901年~1910年の間に生まれた家具様式をエドワーディアン様式と呼びます。ヴィクトリアン様式などに見られる従来の重厚なイギリス様式とは対象的で、繊細で美しいラインが特徴です。素材もマホガニーやウォールナットなどの輸入材が多く使用されています。

マホガニー / Mahogany
加工性や寸法安定性、耐久性など優れており、天然乾燥の速度も速く、狂いや割裂も少ないため、 高級車のダッシュボードやハンドル、シフトノブなどに伝統的に用いられています。 古くから世界的な銘木の一つで、特に欧米で高く評価されています。 上品で美しい木目は家具やギター等の化粧板として装飾に利用され 仕上げは良好で光沢があり、他の木材よりも圧倒的に高級感のある雰囲気を演出します。

サイズ(単位mm)

  • 幅1210 奥行き475 高さ2240(上段1225 下段1015)
  • 引出し内寸 幅515 奥行き340 高さ120

主な素材 マホガニー

*鍵1本付属

★★★★大きく美観を損なうダメージはなく、程度は良好

recommends

この商品も見られています