medea アームソファ

Brand: メデア Medea / Italia

Designer: unkown

Age: unkown

売り切れました

  • 商品説明

  • 送料

  • コンディション

IDC大塚家具でも取り扱いのある老舗ブランドMedea(メデア)社によるアームソファです。

アールヌーボースタイル特有の有機的な曲線を描く官能的なフォルム、上品な木彫装飾とアラベスク柄の張地を備えたアールヌーヴォーの美を体現するようなソファです。

メデア / Medea
メデアはアール・ヌーボー様式(リバティ様式)の伝統を受け継ぐ、1905年創業のイタリアの高級家具ブランド。19世紀末から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパを席巻したアール・ヌーボー様式。産業革命以降、機械的になった実用品に芸術性を取り戻そうと、手作業による曲線を大切にしたこの様式は、植物などの自然を多くモチーフにした装飾が特徴的です。そんなアール・ヌーボーの家具を今に伝えるメデア社は、家具職人が集まるイタリアのブリアンツァ地方の家具職人であった先々代が1905年にひとつの小さな工房を開いたことにより生まれました。アール・ヌーボー様式をこよなく愛し、精緻な家具をつくり続けた彼の精神は、彼の孫で現在の社長アウグスト・タリアブーエ氏と職人たちに受け継がれています。彫刻や籐編み、象嵌など、すべて専門職として技を磨き後世に受け継いできた職人たち。積年の技と自身の仕事への誇り、作品に対しての深い愛情がそれぞれの家具に優雅な表情を与えます。熟年職人による手作業でつくり上げるため、たとえ同じデザインの作品であっても、つくりが微妙に異なっています。それぞれの作品は世界に一つしか存在しないため、家具としての希少価値、芸術性は他には見ることが出来ません。アール・ヌーボーを再現するというのは非常に難しく、その技を習得するには長期にわたり、過酷な訓練が必要になります。ブリアンツァには3000軒以上の工房がありますが、アール・ヌーボーの装飾が行える職人というのはわずか数軒しかなく、年々さらにその希少性が高まっています。日本では大塚家具IDCでの取り扱いがされています。

アラベスク模様
アラベスク模様とはモスク壁面装飾を源流とした、草模様を代表とする植物が絡まった反復する模様や左右対称性のある図柄で構成された装飾図案。

IDC大塚家具
世界各国から厳選されたインテリアを扱う国内最大規模のショールームを家具店。インテリアの専門アドバイザーを充実したコンサルティングサービスが特徴。1910年創業の曲げ木家具メーカー秋田木工を傘下に擁し、セレクト品以外にもIDCオリジナルの製品も展開している。

アールヌーボー(アールヌーヴォー) / art nouveau
19世紀末から20世紀初頭にかけて、ヨーロッパを中心に開花した国際的な美術運動。この時代まで芸術のモチーフには使われなかった昆虫や爬虫類など、有機的な自然のモチーフを使うことが流行しました。浮世絵など日本からやってきた日本美術の影響を受け、古典的な芸術から脱皮して新しい美の革新を求めたのがアールヌーボーです。

ブナ(ビーチ) / BEECH
白くきめ細かい木肌に割れにくい性質を備えた素材、材面には放射組織の小さな斑が入る。強度が高く粘りと弾性に富むので曲げ木の材料としても最適。着色の無い材は使い込む程に飴色に変化する。

サイズ 幅1120 奥行き530 高さ910 座高490 肘高650
(単位mm)
*若干の誤差は御了承下さい。
主な素材 ビーチ材

★★★★大きく美観を損なうダメージはなく、程度は良好

recommends

この商品も見られています