大正-昭和初期頃 アールデコ様式 蛇腹ロールトップデスク

Brand: unkown

Designer: unkown

Age: unkown

売り切れました

  • 商品説明

  • 送料

  • コンディション

大正~昭和初期頃に制作されたアールデコ様式ロールトップデスクです。

虎斑の表れたナラの無垢材をふんだんに用い、確りとした枠立て構造に蛇腹蓋、木彫取っ手など細部に至るまで素晴らしい仕事が施された逸品です。デスク上の棚や両袖の引出しには、取り外し可能な仕切りの板が付属されており、小物を細分して収納できる機能性に富んだ作りが魅力的です。天板の両サイドの側板は開閉が可能で、天板をより広々とご使用頂けます。

{{日本のアールデコ}}

{{オーク(楢) / oak}}

サイズ 幅1505 奥行き850 高さ1250
下段引出内寸
・両端 幅335 奥行き285 高さ92/230
・中央 幅577 奥行560 高さ63
天板下チェア置きスペース 幅610 高さ595-633
(単位mm)
*若干の誤差は御了承下さい。
主な素材 オーク無垢材
*分解して発送いたします。
*鍵は付属いたしません。
*天板下の拡張天板は1枚ございません。

★★★使用感あるが日常使用上問題無し

recommends

この商品も見られています