時代物 船箪笥

Brand: unkown

Designer: unkown

Age: unkown

119000

  • 商品説明

  • 送料

  • コンディション

欅材を使用した時代物の船箪笥です。

船箪笥
船箪笥とは、江戸時代から明治時代にかけて日本海を往来した北前船の船頭が重要書類や金銭・印鑑・筆硯などを収納する箪笥のことをいいます。 狭い船内や携行にも便利なように小型化され、荒海にも耐えられるよう頑丈な木組みと鉄金具で保護されています。

欅(けやき)
国内の広葉樹の中で第一の良材として古くから建築材、家具材、建具材、造作材として幅広く用いられています。大変美しい明瞭な木目とうっすらと褐色を帯びた木肌が特徴。特に寺社建築に重用されたり、農家の大黒柱としても用いられており和家具の材料としては最高級の素材です。玉杢、牡丹杢、泡杢などの模様が現われることがあり大変希少価値の高い素材として珍重されています。

サイズ(単位mm)

  • 幅365 奥行き450 高さ415
  • 引出内寸 幅290 奥行き360 高さ60
  • 引出内寸 幅290 奥行き360 高さ80
  • 左側引出内寸 幅140 奥行き355 高さ140
  • 右側引出内寸 幅120 奥行き250 高さ90 

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材 欅材、など

★★★使用感あるが日常使用上問題無し

recommends

この商品も見られています