エドワーディアン様式マーケタリーキャスターチェア

Brand: unkown

Designer: unkown

Age: unkown

39000

  • 商品説明

  • 送料

  • コンディション

マホガニーを使用したエドワーディアン様式の英国アンティーク マーケタリーキャスターチェアです。

木彫と木象嵌があしらわれた背もたれとフレームに施された線象嵌、職人の手による手の混んだディテールとアンティークならではの存在感を備えたチェアです。

ダイニングルームの追加椅子としてはもちろん、ホールの飾り椅子や書斎スペースのデスクチェアなどにおすすめの一脚です。

エドワーディアン様式
イギリス国王・エドワード7世が在位中の1901年~1910年の間に生まれた家具様式をエドワーディアン様式と呼びます。ヴィクトリアン様式などに見られる従来の重厚なイギリス様式とは対象的で、繊細で美しいラインが特徴です。素材もマホガニーやウォールナットなどの輸入材が多く使用されています。

マーケタリー 象嵌
薄い木をパズルのように組み合わせ、木の持つ風合い・色合い・木目を生かしながら、自然の色の濃淡で光と影を表現していく木で出来た絵画のことを いいます。とても繊細な装飾で、ヨーロッパでは昔から家具や楽器の装飾(象嵌)として親しまれてきました。

マホガニー / Mahogany
加工性や寸法安定性、耐久性など優れており、天然乾燥の速度も速く、狂いや割裂も少ないため、 高級車のダッシュボードやハンドル、シフトノブなどに伝統的に用いられています。 古くから世界的な銘木の一つで、特に欧米で高く評価されています。 上品で美しい木目は家具やギター等の化粧板として装飾に利用され 仕上げは良好で光沢があり、他の木材よりも圧倒的に高級感のある雰囲気を演出します。

ストリンギング ( 線象嵌 ) / stringing
ストリンギング(線象嵌)とは工芸品の装飾技法の一つで、細い線状の溝を彫って、その溝にサテンウッドや黒檀、ひいらぎなどの木材、真鍮などの金属をはめ込み、文様や文字を表現する技法のことです。マーケタリーなどと併用することで装飾部を引き立てたり、ストリンギングだけのシンプルな装飾など、多様な表現方法のひとつとして用いられます。

ガブリオールレッグ(猫脚)
西欧の古典的な装飾であるアカンサスモチーフの渦巻状フロントレッグをリ・デザインすることによって生まれた、様々な動物の脚をモチーフにした獣脚、通称猫脚。フランスのダンス用語であるCabriole(弾む)イタリア語のCapriola(ヤギが飛び跳ねる様)を語源としている。

サイズ(単位mm)

  • 幅 450 奥行き 450 高さ 775 座高 370

*若干の誤差は御了承下さい。

主な素材

  • マホガニー

特記事項

  • キャスター付き

recommends

この商品も見られています